IRIS LEDシーリングライト使用フォルトガイド

Q.固定部品の外し方(旧)を教えて欲しい。

本体のセンターカバーを持ちあげ外します。
中心部にある黒色の樹脂で出来た固定部品の2つの固定用ツメを中心に押しツメを外します。
本体を固定部品から外します。

Q.シーリングライト斜め付けは何故ダメか。

取り付けの配線器具は、角型丸形引掛けシーリングもしくは丸形埋め込みローゼットに取り付けます。
この配線器具は水平に吊り下げた状態で約3kgまで耐えられます。
斜めになると重量バランスが崩れ配線器具が壊れ、ライト本体の落下の危険があります。
安全上の為、おやめ下さい。

Q.シーリングハンガー付きに取り付けたい。方法は有りますか。

シーリングハンガーはシーリングライト本体が当ってしまい、取り付けが出来ません。
市販の増改アダプタ1型を配線器具に取付けてからシーリングライトを取り付ける様にして下さい。

Q.RN1とR5.0-Dは互換性あるのですか。両方のシーリングライトを同じ部屋で使用していますが、互いに干渉します。

RN1とR5.0-Dは、信号が同じです。
干渉するボタンがあります。
チャンネルを変えて干渉しない様にして下さい。

Q.配線器具の出しろが40㎜有り取り付け出来ない。取り付ける方法は有りますか。

交換前に使用していた蛍光灯のアダプタ-が残っている場合が有ります。
コネクタ線が付いていたり、レバーや押しボタンが付いていたらロックを解除して外して下さい。
アダプターは各メーカー毎に形状が異なるため、そのままの使用はできません。

参考資料はこちら(PDF)

Q.カバー(シェード)が外せません。どうしたら良いですか。

①シェードが着いたまま縦に立てかけます。

②左手で本体の樹脂部を握り固定します。

③右手で手前下側に(左回りに)一気に回して外します。
しっかりシェードを握って2㎝程、『一気に』手前下に力を込めて回しロック部から外します。

※ゆっくり回してもロック部から外れません。

参考資料はこちら(PDF)

Q.中に入った虫を取り除くことはできますか?

カバーを外すことができる機種であればカバー内に入り込んだ虫を取り除くことができます。
カバー一体型の機種は取り除くことができません。
LEDは従来の蛍光灯に比べて紫外線(虫が反応しやすい光)が少なくなっているものの、可視光線に反応する虫もいる為、虫が完全に来なくなるわけではありません。

Q.待機電力について知りたい。

リモコンで切っているか壁スイッチで切っているかで変わります。

①壁スイッチで切っている場合
シーリングライトに電気が供給されてないので0Wです。

②リモコンで切っている。(壁スイッチは入の場合)
リモコンでも動作できるよう、0.5W以下の微弱な電気が流れています。(0Wではありません)

Q.設置は簡単ですか?

取り付けの際にドライバー等の工具は必要ありません。
天井の差込口がカタログ・取扱説明書やホームページに記載されている形状になっていれば簡単に取り付けができます。
形状がカタログに記載されている形状にない場合や、取り付けにご不安の方は、販売店に設置工事をご依頼下さい。

Q.引掛シーリングに直接取り付けではなく延長してずらして給電して使用することはできませんか。

引掛シーリングに直接取り付けでの使用を想定しております。
延長が必要である場合は引掛シーリングの増設・移設などの電気工事が必要です。販売店様等にご相談下さい。

Q.角型引っ掛けシーリングに取り付けできないものがありますか?

角型引っ掛けシーリングの厚み(天井から出ている高さ)が22mm以下の場合は取り付けできない場合があります。
また、角型引っ掛けシーリングにネジが露出しているもの、中央部に長方形の出っ張りがあるものには取り付けができません。
市販の増改アダプタを取り付けるか、電気工事を依頼して角型引っ掛けシーリングを交換する必要があります。

Q.本体裏の金属端子が曲がっていて設置できない。

金具が曲がっている場合は初期不良です。そのまま無理につけようとすると、シーリングアダプタを破損する恐れがあります。

Q.和室にも使えますか?

サオブチ天井でないこと、天井の配線器具が説明書やカタログに記載されている形状であれば使用できます。

Q.埋め込みローゼットに取付けできません。どうしたら取付けられますか。

埋め込みローゼットの出しろが10mm未満ですと取付かなくなります。
取り付け方法には2つあります。
①増改アダプタ1型(パナソニック製WG4481PK)を取り付け、出しろを多くし取り付ます。

天井からの出しろが10mm以下の埋め込みローゼットの場合

(1)ローゼットに「増改アダプタ1型」を取付け天井からの出しろを22mm長くします。

(2)「増改アダプタ1型」を取付けたローゼットにシーリングライト本体を取付けます。

Q.配線器具にスペーサーを取付けると、シーリングライトが取付けできなくなります。

以下をご確認、お試しください。

スペーサーは、ローゼット又は引掛けシーリングの接続穴に、シーリングライトのL字金具を合わせやすくするためのものです。

付けなくても安全上問題はありませんので、スペーサーを付けると
「ライトが取付けできない・落ちてくる場合」は使用しないでください

スペーサーを取付けない場合はシーリングライトの中心部透明の窓からローゼットの取付口を確認し、L字金具を穴に合わせ取付けてください。

それぞれの配線器具に合ったスペーサーを使用することで、器具が取付けやすくなります。

(埋込引掛ローゼットの場合は、スペーサーは使用しません。)

※一部の配線器具には取付け出来ない(ゆるい・きつい)場合があります。その場合は、スペーサーを使用しないでください。